metroseoul

Text Size : A A A
Img_0d304d196045d9f8efc020cbab78e7f4
遠藤周作の”沈黙”の映画化。監督はマーティン・スコセッシ。原作を読んでからのスコセッシ監督の念願の映画化だそうです。17世紀の日本、長崎におけるキリスト教弾圧を通じて問いかけられる神とは、愛とは。原作の瑞々しい風景表現と揺れ動く心理のインパクトがあまりにも強すぎて映画がこれでもかというくらい軽く感じられてしまいましたがかなりの力作だと思います。この物語で問われている神の存在とはいったいなんだったのか。いまやっているキャンプを通じて感じていることと共鳴し、深い思慮の旅に出て行きそうです。原作を再び読んでみようかな。オススメ。

”沈黙-サイレンス-” (Click!) 
Img_4a3af284e701b361771e513c7ff421ca
土曜の夕方放送しているスポンジボブが好きです。ほとんど観てないけど。何かをやりながら子供達が見ているのを小耳にはさむ程度ですがその残虐性、ブラックユーモア、人間味などなど毒のある感じが好きです。

”スポンジボブ” (Click!) 
Img_dc9ca63d1b33811cbd02601ac240ec04
NETFLIXのドキュメンタリーが面白すぎます。このTHE STAIRCASEは謎に満ちた妻の死を中心に、著名な作家マイケル・ピーターソンの私生活と人間性が赤裸々に調べられ、公にさらされていく。その舞台裏が事件発覚まもなくから全て記録されていることが驚きであるのと同時に、司法と法律や偏見やマスコミ報道などの影響が非常に細かく現れていて「真実」の探求というより「真実のようなもの」の証明に全てがかけられているような気にすらさせられる。主役というか被告のマイケル・ピーターソンが最初から最後までリトバルスキーに見えてしかたがなかったです。

”THE STAIRCASE” (Click!) 
Img_2fd757e637e6e23eca0812cffd46d73d
邦題”息もできない”。韓国映画の良い部分を全てミックスして”現実”と”不条理”と”愛”というフィルターでゆっくり時間をかけて濾過したのがこの映画です。胸糞悪い場面が多々あったりコミカルな人間模様もあるけど結局は人間のエゴがストレートに通った瞬間にいろいろな事件が起こりそこに筆舌尽くしようがない感覚が横たわります。個人的にはホラー映画のジャンルだけど、社会に出て初めて知ることができる教訓が得られるようなそんな貴重な映画だと思います。現代のトンパリはそのままトン=糞、パリ=蠅。珍しく邦題の方がいいかもなんて思いました。僕はこの映画は観るべき作品だと思います。

”息もできない” (Click!) (%E6%98%A0%E7%94%BB)
Img_6d78f09aa95422bd3ddcc988e9197c74
全く期待しないで観に行ってみたら意外と良かった。オールデン・エアエンライクの声、歩き方、立ち振る舞いと笑顔がハリソンフォードと非常にリンクしました。ちょっとディカプリオも入ってたけど。内容もワクワクしたし最後に登場するキャラ(あとで調べたら死んでなかったんですね。)も全てが繋がる伏線になりそうですし。チューバッカとの出会いとか意外だけど納得感あったなぁ。

”ハンソロ” (Click!) 
Img_72c65647f096c7eb298177616c964316
邦題「バーニングオーシャン」。2010年メキシコ湾原油流出事故の映画化。マーク・ウォルバーグが出てるとこの手の映画はだいたい問題ない感じ。よくありがちな管理職と現場の温度差や守るものの違いから起こる悲劇。とんでもないくらいの原油を海に流出させてしまったこともあり色々な意味で深く考えたほうがいい事故と言うか事件と言うか。マルコヴィッチが出てたのがよかった。

”DEEPWATER HORIZON” (Click!) 
ラドンとキングギドラが出るのかな。

Img_fec779805a088ae27b903d021847ad99
邦題は”セッション”。いい映画でした。これを観てしばらく経つのでまた見直したい。印象的なのは鬼教官テレンス・フレッチャー演じるJ・K・シモンズ。ソリッドな結果主義のあの感じは自分と似ているかも。ブラック企業回帰を最近とても意識しているので共感でしかない。相手に合わせてものを伝えることをやってきたけどそれは時と場合、レベルによるということにようやく帰結しました。
Img_8cece94e94d984f87ab000002de21b61
NETFLIXの事件ファイル的なやつが凄まじい。この実話はとある事件から紐解かれて行くんだけど、それがかなり映画的な演出。首に爆弾をつけられた男が銀行強盗をし爆破される事件を発端に浮かび上がる人物相関図と暗躍する人物の影。よくここまで映像で残したなと感心が止まらない。現実は小説より奇なりとはこのことだ。

”NETFLIX” (Click!) 
Img_fdf10b9db93b075cd58fb48836051512
邦題は”誘拐の掟”。リーアム・ニーソンは好きな俳優。初めて知ったのは”シンドラーのリスト” (Click!) だったかな。最近は”96時間” (Click!) 系の映画の人気もあってか彼の定番キャラというかイメージが定着して「トラブルに巻き込まれた愛する人をたった一人で救う(または復習する)」というパターンが多い。この映画のキャラもまさにそれ。普通の人だけどどこか影を持っているキャラクターが似合う。個人的に好きなのは”スターウォーズ”の”クワイ・ガン・ジン”役です。