metroseoul

Text Size : A A A
Img_cb76098d1fd09ae175b15fd033d4fae2
木更津のアウトレットにハマっています。その時の昼飯は隣接するくら寿司へ。未来感が半端ない。少々コツのいる乾燥防止カバー。思わず一枚多く頼んでしまうガチャガチャの仕掛け。回転すしは楽しい。子供も喜ぶしね。でも”K5”が意外とシンプルなものしか頼まないしあまり後追いしない(いくらが好きだけど一枚食べるともう食べないなど)という発見があった。今度はどんぶり系も攻めて見たいな。

”くら寿司” (Click!) 
Img_4394568cbb656f59d47ed7640b53a129
どうしてもこの店に来ると1,000円を超えてしまうのでこの日は上限価格を1,000円として選んだ。それがこれ。満足感はある。でもなんだかパンチが足りない。全く予期していなかったのに”iwsk”さんが「いると思った」といって入店して来たことがスパイシーな出来事だった。

”CoCo壱番屋” (Click!) 
Img_3df14eeaa9680babd071518670925b0e
出張時の一人飯の定番サイゼリヤ。とにかく定番のルーティンしか頼まないのでこの日はギアチェンジ。季節限定のようなやつを頼んだ。まぁ普通。お店で食べれる冷凍食品屋さんという感じしかしない。でもコストとのバランスがいいから通ってしまうんだよな。

”サイゼリヤ” (Click!) 
Img_14ee3a3960b7c4ae071e37c72e3d3797
半年に一度くらい食べたくなるすた丼。この日はその半年に一度の日でした。安定の味。この手の丼屋さんの中では高めの値段設定。家で作っても大体同じクオリティ。やっぱり豚の味は甘みと臭みのバランスだな。

”伝説のすた丼屋” (Click!) 
Img_06ca4a5e37164cc6735b3835562a394c
札幌で酔った勢いで買った夜食。なんの考えもなしに作って食べたらびっくりするくらい辛かった。こんなに辛くする必要ある?ってくらい辛い。それしか覚えていない。

”東洋水産株式会社” (Click!) 
Img_57f4487e31c71641f56fb21bb6e6c4be
清水寺へ続く坂にあるレストランのホルモン焼きうどん。味は想像通りでこんなもんかという印象。ただこの店は眺めが最高に良かった。

”清坂亭” (Click!) 
TEL:075-541-9575
住所:京都府京都市東山区清水1-287-1
営業時間:9:30~17:30
定休日:無休
Img_ee1a97426283b9771dc46284be1fb7ee
レモン風味の爽やかなカレー。これ意外と美味しい。レトルトのあの感じじゃなくてちゃんとしている味。しかも子供も食べれる味。すごく良いです。

”にしきや” (Click!) 
Img_63552c44b63dbed1aab95de2d2fec319
友人といっても一度しか飲んだことがないので一方的に友人かもしれない”堀田”君がやってる”isaribi”が出張から帰ると届いていた。マグロ特集。イサリビってなんだ?というとサステイナブルシーフードを伝えるメディアだそうです。

今回の号のコンセプトは
魚食文化が根付いている日本。
しかし今、多くの魚種が枯渇に瀕していると言われています。
例えば、
太平洋クロマグロは激減。
大西洋クロマグロは増加。
何故減る地域と増える地域があるのか?
読者のみなさんと共に解決策を探っていけたらと考えております。

という内容。死ぬほどワクワクしますね。

”isaribi” (Click!) 
Img_1d1b3cef052381e3e3a4b359b1eee59c
”トヨちゃん”の長崎土産。めちゃくちゃうまい。特にそこにザラメが残っていて少しザクッとした食感と生地の卵強めの濃厚でしっとりした味わい。
Img_9222f922e4c8c6df15e64a506655ac70
Img_1f4bbbb382b88c11570a837264158135
その美味しさは思わず手放せずに寝てしまうほど。ありがとう”トヨちゃん”。

”福砂屋” (Click!) 
Img_a6291e48ed781de4d2c6f28093c094f5
久しぶりにルーマプラザでご飯。割高で、好きなメニューが消えたので暫く外食してました。この日は夕食抜こうと思った。なのに、どうしても腹が減ってしまい誘惑に負けた形。この日のスペシャルディーナー(という週替わりの定食)はハンバーグと白身魚のフライ。普通です。

”ルーマプラザ” (Click!)