metroseoul

Text Size : A A A
Img_176e0a7ded96188990e8de3c60b1194c
もはや定番と化したこのお店。とりあえずあるメニューを網羅しようとしています。あの一番辛いやつ以外。この日は冷やしの辛いつけ麺。やっぱり普通のラーメンの方が好きかな。

”博多火炎辛麺 赤神 京都店” (Click!) 
Img_4bf6b350620d23c35def7c0a07f0529f
久しぶりに”つるかめ”へ。いや久しぶりじゃないや、このまえトムヤムクンそばをクチャラーの横で食べたんだった。この日はトヨちゃんと訪問。10種類の唐辛子と海老の旨みが自慢のプースーが楽しみで楽しみで一口すすったら「しょっぱっ」。なぜかこの日は味が違う気がした。体調が悪いか店員さんの舌が磨耗したかのどちらかだ。トヨちゃんは「うめーっ」って食べてたけどね。

”京つけめん つるかめ 六角店” (Click!) 
Img_7e04a4b5847b5a80657bbacb5658a84e
京都担々麺の雄”坦坦”が烏丸にオープンしたというので行ってきました。冷やし坦坦とレタスチャーハンを皆んなが押すのでそれを選択。テーブルには豆板醤や唐辛子粉だけじゃなく、GABAの花椒があったりして気が利いています。
Img_5c2ae3febe76e898280f30021f380da2
Img_8fe2d9c707455d506939fcb426120fea
クリーミーな担々麺は食べやすく美味しい。冷やしなので夏場でもするするいけます。驚きはレタスチャーハンのクオリティ。そこら辺の中華屋さんのチャーハンでも中々このレベルには出会えない気がします。ふと思い出したのが10年くらい前に”iwsk”さんに本店に連れて行ってもらったことがあったな。その店がここかぁ〜というのと、本店が四条大宮だったんだぁ〜というしみじみ感。この記事を書きながら調べてて気になるのが千本丸太町店との軋轢。「経営方針の違いから関係を絶っています」とか、一体何があったんだろう。逆に食べに行ってみたくなりました。

”坦坦 烏丸店” (Click!) 
電話:075-223-0308
住所:京都府京都市中京区東洞院六角下る御射山町260番地 ロイヤルプラザ1階
営業時間:11:30~15:00/17:30~21:00
定休日:水曜
Img_483bd83018972e5838fb71e9606e39ef
限定のまぜそば。なぜかつけ麺だと思いこんでた。調べたら過去にも食べてました。トムヤムクン風味のまぜそばは酸味と辛味が効いた一皿。トムヤムクンなのでスープは欲しかったなぁ。と思いながら隣で無心で食べる”クチャラー”に意識を全部持っていかれながら完食。いやいやいやいや味全然覚えてへんやん。

”京つけめんつるかめ 六角店” (Click!) 
Img_52922633d7cdc41c84eb92e93e7d67e0
広島に行ったら食べていたほうがいいというので行って来ました。店の名前のインパクト。辛いつけ麺とは聞いていましたがまさかこう来るとはという印象。冷たいスープに冷たい麺。冷やし中華のような一皿ですが辛い。辛さは5辛を選んでみましたが汗が出る。100辛とかどうなっちゃうんだろう。カウンターにはゴマが置いてあってバカみたいに入れるのは自由。トッピングは千切りの葱とキャベツとチャーシュー。チャーシューは薄くてパサッててあんまり好みではなかった。葱も歯ごたえ半端ない。ラーメンというよりジャンクな駄菓子の延長の印象。これは飲んだ後にぴったりだと思う。酸味と辛味の効いたスープはお腹を落ち着かせてくれるし、冷たいとサッと食べれる。いい体験しました。

”つけ麺本舗ばくだん屋” (Click!) 
Img_59819b072c4691013ae11ab462249719
梅田に行った時に久しぶりに”kztank”と。あっさりの極み。あっさりしてて、もはやこってりなくらいあっさりしている。前食べた時も感じたけど水菜が凶器のような鋭さで口の中に突き刺さる。

”揚子江ラーメン総本店” (Click!) 
Img_c3c0fac1148c0e96933668031225c4da
辛いラーメンとチャーハンのランチセット。横浜駅西口を出て吉村家のほうに行くとある中華屋です。量が多い。この日はタネマキクルーと一緒に行きました。味は普通。店内は混んでる。圧巻だったのは総勢20名弱のおばちゃんの集団でした。全員おばちゃん。量産型ザクを思い出しました。いい意味で。

”八起” (Click!) 
Img_748fc318a305405f3ed994a6501842b2
久しぶりに福富町の丿貫へ。相変わらず混んでます。何を食べようか迷ったけど、このお店には甲殻類を求めてしまいますね。
Img_82a91e226585b484bb7d9f943c252bf5
Img_7b509dc7fb3a65461e949e404b47f4a3
そして和え玉はトムヤムクン。この駄菓子的なジャンクな和え玉とオマール海老の濃厚さがたまりません。

”灰汁中華丿貫福富町本店” (Click!) 
Img_1de4f0caffd45eca25c4b1d7b8e32515
ずっと食べたかったニュータンタンに行って来ました。タンタンメンという概念を超えた横浜の雄。そんなイメージを持っていたのですが、生活圏内のニュータンタン本舗の店は伊勢佐木店は夜営業しかやっていない。近くは通るけど全然オープンしてるタイミングに出くわせなかったんですね。ラーメンを夕飯にすることはないで遂にという感じ。
Img_28788753d3d96eff26a3fb7edc6dd023
Img_6782ed14dcc5ecdf1b32c27e6ba0ed9d
この日はたまたまそのタイミングが合いました。ワクワクしながら店に入ると場末の空気が店内を密閉してる。そのプロローグとして外人さんの店員さんが片言で注文を聞いてくれます。入ってくるお客さんは良く言えばロンリーウルフ。悪くいうとコミュ障。ニンニクダブルダブルに辛さめちゃ辛とか頼む強者はカウンターに一度座りながらもなぜかテーブル席に移動(許可を得て)。マナーはいいが自律神経がやられる感じです。そんな環境下で食すニュータンタン。これは結構色物です。ニンニクがまんま入っているけど意外とさっぱり系。でも辛さの貪欲さと相まって卵の誘惑を忘れてしまいがち。麺はストレートなツルッと麺なのが非常にがっかりしました。個人的には辛ラーメン的なスープを引っ張り上げる力強さが欲しかったのであの麺がダメだったなぁ。むしろタンタンご飯に興味津々です。良い体験しました。びっくりするほどレンゲがでかいのが印象的です。

”元祖ニュータンタン本舗” (Click!) 
Img_0a69fe1141a366c254fc4aeae2ee2985
高そうな割烹の店がいつのまにかラーメン店に。プレオープンで食べて来ました。食べれるのは塩と醤油だけだったので塩にしてみる。説明では濃厚なスープで大豆が入っているとか入っていないとか。食べてみたらびっくりクラムチャウダー的なアプローチ。確かに濃いです。でも途中で飽きてしまいました。豆乳的なまったり感が重かったのかな。またオープンしたら行ってみよう。ちなみにラーメン店開業まで遠回りして来た火炎辛麺とは別店舗ですが数店舗隣です。

”炎神(エンジン)” (Click!)