metroseoul

Text Size : A A A
Img_e8938f901fb86447b894fd880a5efb95
Img_c3d194f29dd5ce49aa0d50c5893e0a4b
Img_3ce4acdb1c48e9007daefebb696e7cfd
最近のラン事情。ソリッドな精神性を失ってしまい身体にも影響が。悪い癖のあった左膝に違和感。以前は8キロあたりで発生していたのが最近は3キロかな。体が重たい。こういう時に大切なのは自分を許す事。「走らなくてもいい歩けば」「1キロで十分」などの天使のささやきだ。何よりも習慣が風化することが一番良くない。どんな形であれ続いているということが全てを変える。そう、宝くじを引き続けているのと同じだ(当たらないけど)。
Img_74fb60319ffc0d0e1e98425252abb3e4
研修を0から組み立てなければならない。しかも12日間分も。全体のストーリーを描いては進め、進めては全体を見直しして再度1日分に戻る。たまにこのようなカフェで缶詰になる。誰にも邪魔されず、周囲の雑踏が集中力を後押ししてくれる。ただコーヒー一杯では5時間ぐらいが限界かな。

”DOUTOR” (Click!) 
Img_2bbd760c646423eb4cc4ce9e663220e3
フレッシャーズキャンプのB日程。病み上がりで二日間させてもらいました。ここからが勝負。このキャンプはライブ感がどんどん高まっていく。一人一人の個性をテーブルに乗せ。グランドルールが周知され。最低限のスキルを身につけたこれからはABチームそれぞれが生き物のように踊り出す。つまり予想できない。柔軟性とアドリブ、目的意識が明確でないと見失う事ばかりの中唯一。全体の空気感が試されてる。
Img_5d7bdd82ef1b6c4a7fc02ee8e8049cd6
フレッシャーズキャンプの3回目。日数でいうと6日目が終わりここで折り返し。基本的な技を身につけ、内観を高めてこれから怒涛の後半の滑走路をフルスロットルで駆け抜けていきます。誕生日と重なったこのAチームでしたが誕生日当日40度の熱を出してぶっ倒れてしまいました。結果的にはそれが思惑通りの展開となった形。「必要は発明の母なんだが、偶然とは発明の父なのだよ」ですね。本当に全てに感謝でしかありません。
Img_c7c12c2d015ca7777b0be9ad5ac01589
タイマンシリーズ。GALLERIEのボス。社長さん共々仲良くさせていただいている”つじや”さんでご飯。焼き鳥が本当に美味しい。
Img_3dac350196173388f420352ee6c39fdd
Img_bf4cdc537e7defc0b2615fc22fc7c1f7
Img_989185549daf5d1f992204cfdfe677a2
改めてサシで話をすると彼の人となりが見えてきた。彼は永ちゃんと同じように「俺らしいか俺らしくないか」と三人称で自分を見ながら物事を判断している。だから動じない。「なるほどなぁだからか」。といくつか腑に落ちることが。タイマンシリーズいいな。

”つじや” (Click!) 
Img_0129d5832f06cecf274e0901ca43f086
なぜか隣町の子供会のハロウィンへ。いつもながら場違い感がハンパないですが楽しませていただいておりました。
Img_cbcaf35c035a79295fffdab549fce5e7
リーダーたち向けのキャンプが始まりました。恐る恐る蓋を開けてみたら貪欲の塊のような人たち。伝えたことが全て吸収されていく。このキャンプが半年全12日が終わる時に世界の誰かの幸せにつながる”新しい価値”が創造されていますように。
Img_c0d9111366893ca38b1e0530d17c3bf1
おやすみなさい。
Img_ee17e0857f539e75d937fbd4c577a630
今年最後の村研修。最後の最後は最初のセミナーしか出れなかった。立ち飲み屋友達の”ゴー”ちゃんが社外として参加。たくさんの気づきをいただきました。振り返ると長かったような短かったような。体力的なキツさもあったり精神的な試練もあったりの日々。そして何よりも毎回忘れられないような修了式。人が変容していく様をこんなにも目撃したこと自体ありがたい体験でした。来年度はどうしていくか。オジサンズの打ち上げアンド反省会が楽しみだ。
Img_a3536686054423fe231c47e0187c1b0c
オジサンズ。今年度の村研修を支えた面々。凡人揃いて非凡を為す。そんな感覚を抱かせてもらえた。11回目となるこの研修は最終日大雨。それでもBBQしたがるオジサンズ。体が冷えようと関係なし。毎回修了式は泣けるのが本当に不思議です。