metroseoul

Text Size : A A A
Img_4f72cd06a560ba9338f6a35f77a3ec72
帰りの昼飯。海鮮丼とルービーを昼から。この日は市場に来ての食事だったけど今までで一番北海道っぽかった。
Img_f534fa8b06b39799dfffb1625d1ecc42
Img_3fcd30cface9318fa631f57783f6d614
Img_253ce4327400d367ba20d9257cab9664
前回、空港で食べた海鮮丼を失敗したので気になっていたけどこの日の海鮮丼もイマイチ。なんか違う。この市場で一番売ると豪語するカニ屋のお兄ちゃん曰くこのみせは「観光客向けっすね、お勧めできません」だってさ。市場の店には2種類。ツアーとかに組んでもらって外国人とかを流していくお店と地元の人が使う店があるんだそう。前者は安くてそれなりの感じのものを提供、後者は地元やこだわりのものをそれなりの値段で提供なんだとさ。薄々気づいてたけどね。次回は市場の人間も利用するお勧めのところに行ってみたいな。

”ヤン衆料理 北の漁場” (Click!) 
TEL:011-351-8811
住所:北海道札幌市中央区北11条西21丁目374
営業時間:
夏期間【5~10月末】7:00~21:00
冬期間【11~4月末】7:00~17:00
定休日:無休
Img_7130ebf0b9a7968e71ef06c7883a82d3
午後研修。夜は懇親会という流れを経て締めのジンギスカン。よく食べます。懇親会でもビュッフェのフルコースでしたが他社の方達との会話が途方もなかったので実はあまり食べれていない。そしてこのジンギスカン屋さんは前回も来たお店。全然人が入っていない。でも美味しい。この手の写真珍しいな。

”サッポロビール倶楽部” (Click!) 
TEL:011-511-8929
住所:北海道札幌市中央区南5条西4丁目 富士会館ビル 1F
営業時間:
[日~木曜日]17:00~23:00
[金・土曜日]17:00~翌1:00
定休日:無休
Img_ace758548f75dd85cc1a665b6f5036f1
札幌の昼飯はスープカレーばかりだったのでこの日は中華。なんと無くチャーハンを頼んでみました。バタバタしていたのであまり味は覚えていないけど生エビとカニがトッピングされていて北海道感があった。
Img_54d0cf5ca02e55431212880ee6acaec9
ん。まてよ生エビとカニは北海道感か?まいいか。たまには中華というのもいいもんだ。

”厨華房 曼田林” (Click!) 
TEL:011-231-0088
住所:北海道札幌市中央区北1条西10丁目1-17 北一条山地ビルディング1F
営業時間:11:00~15:00、17:00~22:00
Img_e0274b679faa623fa486946c77829d60
翌朝。ホテルの空調が絶不調。基本的に早起きですが3時頃目が覚める。喉が痛い。バスタブにお湯をためてドア全開方で湿度を確保。と同時に眠気が消え失せたので仕事。午前中は札幌〜京都〜大阪〜東京を結ぶ電話会議。もっと混線するかと思ったけど、意外と快適だったな。
Img_e8562d13b8841e962f6a43b2944e66a2
とんだハプニングに遭遇しながらも無事ホテルにチェックイン。さてご飯をどうするかだ。この日はスタッフが昔アルバイトしていたという北海道の居酒屋チェーン。チェーンでも地元発信だと行きたくなる。
Img_fc3bb8675ebddad61327991ff952e0e6
Img_ea42f83e9ae8d5dd7b947636b480b169
つくねが一押しみたいだけど割とどれも美味しい。いわゆるチェーン的なメニューだけど安くてしっかりしている印象。食べかけてしまったけどお通しのポテトサラダに紅生姜が混ぜ込まれていた。ポテトサラダと岩下の新生姜を一緒に食べる会の会長としては、これはかなりポイントが高い。そして90分飲み放題700円(多分)という最強のコスパ。二人で2000円くらいでかなり飲み食いできた。最高。

”炭火居酒屋 炎” (Click!) 
TEL:011-281-7744
住所:北海道札幌市中央区北3条西2-8-3 エナビル 1F
炭火居酒屋 炎 札幌駅北3条店 - 地図
営業時間:
【月~木・日・祝日】11:30~翌1:00
【金・土・祝前日】11:30~翌3:00
定休日:無休
Img_965e004caa7056d4f2e4793b358eb6ae
札幌へ。LCCでのフライトでも十分快適な距離感。本をさらっと読んでいたら着いてしまう。そしてこの日は現地は積雪でした。
Img_1f55749c4c9e78709be5028ff7bc15c3
Img_edb37174dc81e53408c4386a5b6aca95
離陸して眺める関空の様子。何回乗っても飛行機は好きになれない。そもそもこの鉄の塊が浮いていることが理解不能。でも風景はとても綺麗だ。快適なフライト。到着後新千歳空港から札幌までは電車で1時間ほど。読みかけていた本がちょうど読了。
Img_2289cf754c44fc23ceb830b38848ef51
札幌はなかなかの積雪量。気をつけて歩いていないとこける。注意深く歩きながら駅からホテルへ移動。チェックインしてご飯だというタイミングで目の前を歩く人が横断歩道で思い切り滑った。滑った時の倒れ方が悪くて思い切り後頭部を強打。「ゴン」と鈍い音がしたと思ったら意識を失った。横断歩道の真ん中なのでこいつはやばいと駆け寄ろうとしたタイミングで俺もこけた。ひるまないで駆け寄ると意識がない。しばらく話しかけていると朦朧としていた。後頭部から出血も。なので救急車を呼ぶ。観光に来たのに地元民を助けるとは。それにしても慣れた人でもこれだから先が怖い。注意喚起にはこれ以上ない警告だった。
Img_b68af44ec937ead3265480a82e858f69
この文を読んだらわかりますが、一切了承しようのない無力さをただただ感じる文面に”Jet Star”さんとのただならぬ怨念(詳しくは前章参照 (Click!) )を感じ得ない。
Img_f58d6105773111718b21238965fe9e60
Img_6d2ca5f805eb9c8fd39e39a7251543c1
研修を受けました。多くの気づきがありつつも色んな人との繋がりを感じながら札幌駅へ移動。ここでもご挨拶をして去るあたりが良い仕事したなと言う感じ。前回が前回なので異常に時間に執着し安パイだったので余裕ぶちかましてたらこの張り紙を見つけた。読むだけだと単純に「成田に行くのは行くけど状況次第で名古屋か大阪行くからわかっとけよ」と言っている。問題は”いつ”名古屋か大阪に行くのかだ。と言うことで聞いて見たら「着陸20分前です」との回答。つまり選択肢はない。乗るしかないと言うことだ。

”JetStar” (Click!) 
Img_dbad7b0b1e0c79cc35dd41fbfa88b77d
夜到着してご飯食べての翌朝。サウナで「整えて」から午前中デスクワークをマクドナルドにて。行って窓際のカウンター席に座り横を見るとすでに先客がいる。しばらく作業していると後からもくる。コンセントを求める人たちが集まる場所、マクドナルド。そんな中猛烈な勢いで騒いでいた男女5〜6人グループが背後に陣取っていた。仕事半分会話半分で意識は分離。大声で話していた内容は「俺はチャラくないけどお前とはちょっと一悶着したいということをバレないように良い人アピールしながらもアピるよ、でもな俺はな筋を通すぜ、そんな俺ってどうよ?あ、でも次会う約束の時は知り合いがいるから今日会った事はぜってー言うなよわかってんだろ?お願いします」という非常に興味深い話でした。
Img_480c06413abfcfe187cd1ec46f6ca78b
夜札幌へ。京都からバスで移動して待機して”Peach”。関空から1時間50分。LCCですが悪くないですね。
Img_77896ab8216c7f8f76bf32ad410ac96e
Img_6abf9a9054da4ad803b85a456c6a31c5
Img_191a46b3e3c30f291b0e090cd499f64f
何故悪くないのかというと、この日満席だった模様だったんですが僕ら4人非常口付近を陣取ったら全員横に座る人がいなくて超絶快適なフライトでした。足元も広いし。ただ、すごく避けられている感は否めないなと思いながら読書していたら到着。ちょうど日本シリーズ真っ只中の札幌へ。

”Peach” (Click!) 
Img_1b305c2af694f77444ca499e210779f6
札幌をぶらつきそろそろ空港へ。みんなより少しだけ早い便だったので一本前の電車で空港へ向かう。余裕だと思ってエレベーターの開ボタンを押してあげたり、トイレに立ち寄ったりしていたら30分前に到着できず乗れない羽目に。一応食い下がったけど無表情で「ダメです」の一点張り。3分くらいの遅れでもこれだ。ルールはルール仕方がないのだ。なんて大人の反応できるようになるには4時間ほど必要だったけど。
Img_ecc9e307384e52c3d9423870461b3f0f
Img_3bb5983dd2f530a1200eb05a06699f40
言っても始まらないので次の便を予約して待つ。実に4時間待ちだ。こんな時に助かるWiFi環境とコンセントスポット。カフェに良い場所があったので陣取ってお仕事する。でもすぐ飽きたので飲みだす。飲むのもしんどいのでほどほどにしておくけど4時間待ってやっと乗れると思った便が1時間ほど遅れやがる。俺は3分で乗れないのにこの便は1時間も遅れてちゃんと謝罪もないのか。などと大人げないことを考えつつも成田からの帰路の心配をする。結果的には何とか帰れた。もちろん終電なんかはとっくに無くなってたけどね。そこら辺不合理さ感じるなぁ。でもルールはルールだからね。