metroseoul

Text Size : A A A
Img_90a466d03b15260d8fca9414f451203c
家でガーリックシュリンプ。とても美味しい。なぜエビとニンニクがこんなにもマッチするのか。いつも食べるたびに油断して痛い目にあうのが海老の尻尾。とんがったところが唇のどこかに定期的に突き刺さる。これだけは毎回やってしまいます。
Img_4e54db44bd242263c454b89ab6c96d1d
Img_c75dc3239de1935e5500754257bbc848
Img_f6a23f0b0df5f18bf75201cea18daf97
あまり走れてませんが、だんだんと調子に乗ってきました。10kmをアベレージで走ってた頃は筋肉が傷んでなかったので良かったけど痛めてから億劫になってましたね。今は1kmでも歩いてでも取り組むようになったので悪くない。あとダイエットも新たなアプローチで始めてみました。どうなるか楽しみです。
Img_64df842f0bdc4c2a26260c6d0edaa473
河原町の立ち食いそば。四条通りの店は味が薄すぎて全くダメなんですがなぜかこっちは食べれる。同じ系列なのに味が違うのかな。紅生姜の天ぷらが良いですね。シンプルで温かくて美味しい。

”都そば 河原町店” (Click!) 
Img_634b2f7e858f3434dc4e485c49a8630d
船橋にあるとてつもない公園。どのようにとてつもないかと言うと世界最大級の旅行口コミサイト”トリップアドバイザー”での日本の人気テーマパーク部門で東京ディズニーランド&シーに次ぐ3位(USJ
は4位)に選ばれていると言うこと。絶叫マシンなし、キャラクターなしでのこの快挙は一体なんなんでしょう。ちなみにアジアの人気テーマパーク部門でも10位と海外との比較でも優位性を誇っている。到着して北口から入ると岡本太郎先生の作品がお出迎えしてくれる。
Img_600b5e6772e52807c479676ef61c2e4b
Img_6344043b8401cd0fedf7efdc4fac0a69
Img_66efa9dd89bee0e1c6baf9389c16371a
来たのは2回目ですがとにかく広い。そして自由。どこにでもテントが張れます。水場があって自由に出入りできる。ゴミ箱もあるし脱衣所もある。ご飯持ち込みOKだし里山を再現した場所では蛇やザリガニを捕獲できます。この公園の凄いところはディズニーなどでは夢の空間のルールに従い楽しむのに対して、現実をそのまま持ち込んで楽しめること。そしてどう考えても全てを一度では見切れない広大さ。これは本当にすごい。ビジネスモデルを再度洗い直して研修の事例研究にしてみても面白いかもしれません。過疎化の進む田舎町への集客の参考になるかも。ちなみに横浜から高速で2時間。途中湾岸を通るとディズニー渋滞につかまったり中山競馬場の渋滞に捕まったりしてトホホなのでもう行かないかな。

”ふなばしアンデルセン公園” (Click!) 
Img_74c3d0301d8dabe445291fe5041ca1df
辛いラーメンのブームが来ています。スーパーでふと見た辛麺というラーメン。味は台湾ラーメン系かな。好みとしては辛ラーメンの味が好きですが卵とかでアレンジしたら美味しいかも。

”辛麺” (Click!) 
Img_73b1e2d369fa7cca1caa3bbbf109a6c0
物事を創造する時に効率の良いやり方というものがある。そのやり方は自動販売機のようにセオリーに則ってやると無駄なく手に入れることができるフレームワークだ。そのおおよその手法がまとめられた図鑑。これは定番的に使えそう。一度これを読み込んでカスタムして置くために購入。iPhoneではなくiPadで見ないと非常に見にくいので注意。

”ビジネスフレームワーク図鑑” (Click!) 
Img_365ed727e4d4d5da8c3b79a3326f7489
すき家の牛丼への挑戦は止まらない。ドリア風という名称からサイゼリヤのスーパー名品にぶつけたのか4種のチーズの爆発ヒットをさらに拡大させようとしたのかはわかりませんが興味はそそる商品名です。食べた感想は当然ですが全然ドリアじゃない。グラタンぶっかけた牛丼です。グラタンをおかずにご飯を食べてる感じはイマイチでした。生姜を入れると割と良かった。

”すき家” (Click!) 
Img_444b8eb61e142aeb41253231dfd54369
NETFLIXのドキュメンタリー。邦題は”殺人者への道”。この作品は見終わったあと困惑します。あまり評判のよろしくない家庭に生まれ育ち事実と偏見の間で冤罪をかけられ、無罪が証明されたと思ったら犯罪を犯す。それも冤罪か仕組まれたものか。何が何だかよくわからないのとそんなにも簡単に人を刑務所にブチ込める社会の恐ろしさ。そして日頃の行いの影響力を感じます。なんだったんだろこれ。

”殺人者への道” (Click!) 
Img_efb3f03e6a5c14f0bab941b7eaf98ef0
木屋町に出来ていたラーメン屋。辛いラーメンは病みつきになります。見た感じどこをどう見ても台湾ラーメン。食べて見た感じどこをどう考えても台湾ラーメンでした。たまに食べたくなるかな。卵のフワフワ感が良いですね。やたら酒が充実していたのも気になります。

”京辛麺” (Click!) 
全てが整然とアイデアされ生産され販売されて来た流れをぶった切ったカルチャーの代表がヒップホップな気がしています。それは下克上でもありイノベーションでもあり倫理観の崩壊や拡大、そしてアイデンティティの爆発。この時代を知る人はここから波が立つのを知っている人。次はどこに波が立つのか。

 (Click!)