metroseoul

Text Size : A A A
Img_d2d8c6093129be13fa35230a8123c4c7
今年初のそうめん。なんの特徴もなさそうに感じるけど奥が深い。なんぼでも食べ続けられてしまうくらいの不思議な魅力がある。そしてこの頼りなさそうな風貌の裏に以外と高いカロリーというものを備えている。見た目で判断すると痛い目にあうということだ。

”ルーマプラザ” (Click!) 
Img_1de4f0caffd45eca25c4b1d7b8e32515
ずっと食べたかったニュータンタンに行って来ました。タンタンメンという概念を超えた横浜の雄。そんなイメージを持っていたのですが、生活圏内のニュータンタン本舗の店は伊勢佐木店は夜営業しかやっていない。近くは通るけど全然オープンしてるタイミングに出くわせなかったんですね。ラーメンを夕飯にすることはないで遂にという感じ。
Img_28788753d3d96eff26a3fb7edc6dd023
Img_6782ed14dcc5ecdf1b32c27e6ba0ed9d
この日はたまたまそのタイミングが合いました。ワクワクしながら店に入ると場末の空気が店内を密閉してる。そのプロローグとして外人さんの店員さんが片言で注文を聞いてくれます。入ってくるお客さんは良く言えばロンリーウルフ。悪くいうとコミュ障。ニンニクダブルダブルに辛さめちゃ辛とか頼む強者はカウンターに一度座りながらもなぜかテーブル席に移動(許可を得て)。マナーはいいが自律神経がやられる感じです。そんな環境下で食すニュータンタン。これは結構色物です。ニンニクがまんま入っているけど意外とさっぱり系。でも辛さの貪欲さと相まって卵の誘惑を忘れてしまいがち。麺はストレートなツルッと麺なのが非常にがっかりしました。個人的には辛ラーメン的なスープを引っ張り上げる力強さが欲しかったのであの麺がダメだったなぁ。むしろタンタンご飯に興味津々です。良い体験しました。びっくりするほどレンゲがでかいのが印象的です。

”元祖ニュータンタン本舗” (Click!) 
Img_263e6613d301d9c792fe5891b0dbe365
いきなりステーキ。これはどこのお店だったか忘れてしまいました。ここに来て熱々の鉄板と激レアの状態の維持活動の困難さに当惑しています。あとホットソースをかけるタイミング。難しすぎる。コーンの上への退避もあまり効果ないし。次回は鉄板の熱々なしでオーダーをしてみようと思います。

”いきなりステーキ” (Click!) 
Img_03c7a362fb3b2857f4f92e42ad1aa411
弘明寺のゆるキャラ”ひさお”が飲食を引退したようです(SNS情報)。仕事で色々と絡みたかったなぁ。これから埼玉に行って何かやるらしい(SNS情報)。きっとご縁があるのでまたあうことでしょう。村にもまた来て欲しいな。写真はザ・テレビジョン風。
Img_748fc318a305405f3ed994a6501842b2
久しぶりに福富町の丿貫へ。相変わらず混んでます。何を食べようか迷ったけど、このお店には甲殻類を求めてしまいますね。
Img_82a91e226585b484bb7d9f943c252bf5
Img_7b509dc7fb3a65461e949e404b47f4a3
そして和え玉はトムヤムクン。この駄菓子的なジャンクな和え玉とオマール海老の濃厚さがたまりません。

”灰汁中華丿貫福富町本店” (Click!) 
Img_a20beb44c93a15c7d2fc4712969bca00
全然楽しめませんでした。マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインだけが唯一の見せ場の映画。

”SUICIDE SQUAD” (Click!) 
Img_cf4290248edf7d088aeac8cf28ac4b66
レア状態のハンバーグを鉄板の上で焼きながら提供するスタイルのお店はブロンコビリーや静岡のさわやか。それにハングリータイガーとか様々。その中の一つ”いしがまやハンバーグ”。味はそれなり。食べかけがあるのにお皿を下げていそうになったりとホスピタリティはいまいちでした。楽しく食事できましたけどね。

”いしがまやハンバーグ MARK IS みなとみらい店” (Click!) 
Img_989334480b0fc17032d174c39cfaedd7
静岡駅で仕事後に”とよちゃん”と一杯。新幹線の時間待ちにちょうど良いお店でした。とめどもない話をあーでもこーでもなく語りながら。良い塩梅になったところでお時間。新横浜で律儀にも挨拶するためドアまで出てくれてたのが印象的でした。
Img_cade5353e0057ca4ccc9c67975c1e168
豚しゃぶ。こんなにもシンプルで奥が深くいつまでも、そして誰からも愛される料理があるだろうか。ポン酢の酸味が豚肉の甘みを引き出し、ゴマだれがそっと寄り添う。そしてとてつもなくご飯にあうという不思議。素晴らしい料理です。専門店を作るべきだ。
Img_3b7d7d3de7dc7209c405cee3d90da6f7
米澤さんの指示ゼロ経営セミナーを受けました。長野で夢新聞のお手伝いをしたとき感じた、あの温もりは米澤さんの人柄からくる。今回気が付いたのは人間の可能性を信じ切る姿勢がそれを裏打ちしているんだということ。大変感銘を受けました。生きるとは何なのかをもう一度考え直します。

”指示ゼロ経営” (Click!)