metroseoul

Text Size : A A A
Img_aa5cafd80f196ee1aa784809e067d990
CLAMATOという激ウマトマトジュースがある。これはコストコで発見したなんちゃってバージョン(だと思う)。その証拠に味はクリソツで価格は激安(1.89ℓ×2本で700円弱、本家は4分の1の量で950円弱)。
Img_f05a40fd6d86194ffd82a80b1405e453
Img_d66141979abe7f88654791eb42851527
このトマトジュースの特徴はアサリやハマグリの魚介系の出汁やガーリックなどのスパイシーな風味が添加されていること。激ウマ。個人的にはこいつを焼酎で割って黒胡椒を鬼掛けしてトマトハイにして飲んでいます。マジでうまい。美味いのと同時になぜか悪酔いしない。これ一度飲んだらやめられませんよ本当に。絶対に飲むべし。ただ増粘剤とか入っているからケミカルな感じが許せるならですが。ドススメ。

”TOMATO CLAM #LANGERS” (Click!) 
Img_469d7892757c18d6d8ee17a41d29f207
相当前に”トヨちゃん”からいただいたお土産。さぬき(香川県)の代表的郷土料理。お遍路さんが島四国八十八ヶ所のある小豆島を回っていた時そら豆をご報謝に頂く。食べようと炒ってたら、そばにあった醤油つぼにそら豆が入ってしまう。あとでその豆を食べたところ、香ばしく醤油の味がしみこんで大変美味しかった。これが”しょうゆ豆”の始まり(らしい)。
Img_c563f3cae150ec2ccde65398688795fc
Img_4346c2754913f2efe3a89742e98e0f6d
確かに醤油がそら豆の甘みと風味を引き出していてとても美味い。素朴ながら主役を張れるしっかりとした味わい。美味しい。

”金毘羅のしょうゆ豆” (Click!) 
Img_40ceb6d104bda9872ec950f8d0140ac9
鍋を何度となくやっていると飽きてくる。そこで変わり種のトマト鍋。どんな味だろうと楽しみにしていたけれど慣れ親しんだトマトスープだった。そりゃそうだよね。
Img_6f3cfeafd68484e6915dd686f4a5954e
新千歳空港限定の味噌ラーメン。ひと便乗り過ごしてしまってテンパってラーメンを食べてしまう。味噌ラーメンの麺ってこんな感じだったねそういえばという印象。日頃家系ばかりなので麺の透明感や、だるだる感が新鮮。「カニ風味かよ!」って期待高く食べたのでかなり残念な印象。全然カニ感無し。海苔が倒れていてこれまた残念。

”開高 新千歳空港店” (Click!) 
Img_d8d6570ee99c3b2116edc1a8a4b1288a
京都河原町のつけ麺の店。エビの風味が好きでたまに食べに行くけど、「こんなんだったっけかな?」と感じたのはなんでだろう。冷水で巧くしめられた麺にごまの香りの海苔。スープはエビを少し感じる豚骨。太いシナチクは京都らしい。

”京つけめん つるかめ 六角店”
TEL:075-221-1514
住所:京都府京都市中京区新京極通六角東入松ヶ枝町456-3 中野ビル 1F
営業時間:11:30~22:00(L.O.21:50)
定休日:無休
Img_8d99ff3450b36388903e2efb0b016f20
たまに出てくる鶏肉の茹でたやつに味噌系のソースのかかった料理。シンプルだけどご飯にめちゃめちゃマッチする一皿。あー腹減った。
Img_bf875e3ad4d0fa13d376cc43d283f9b9
明太子の”やまや”が運営するもつ鍋屋さん。そのランチが美味しい。秋刀魚は身がパンパンの上物。そして極め付けはご飯、明太子、高菜が食べ放題なのだ。
Img_c95861aee1650b600c816c36a8ca0c8f
Img_c8794465ff98fd63c7a7440a5ce0cd43
Img_792e50bdff509b164f28f3210998b082
痛風一直線のサービスに感涙。備え付けの漫画で明太子のことを少し勉強もできるし。いたせりつくせり。ただ、午後の業務に支障が出るのでほどほどにしないとしゃばい。

”博多もつ鍋 やまや 京都木屋町店” (Click!) 
電話番号:075-251-0808
住所:〒604-8015 京都府京都市中京区鍋屋町218-2
営業時間:11:00~14:00、17:00~23:00
定休日:年中無休
Img_269d8bc4c655d8de3d61d373248ff16d
祇園で飲んだ後のシメ。いつもこってりだったからこの日はちょっと違うものを。
Img_fbfd51ab913e8d34e347483a8e922131
Img_8bf47d7c15d4a38c6968cd1241f7ff90
Img_9758835fe85befe32a08d87bd9a2bc4a
自慢のスープに大自然の旨味を何度も重ねて作ったラーメン。特徴は別添え肉味噌・白胡麻・葱油酥(揚げ葱)・にんにくを好みに応じて入れ味の変化を楽しむというもの。食べた感想はスープはどことなく”神座”を意識しているようなしていないような。味は全然重ならない。こってりで良かったな。

”天下一品 祇園店” (Click!) 
TEL:075-533-4107
住所:京都府京都市東山区祇園町北側新橋通大和大路東入ル2丁目清本町
営業時間:18:00~翌3:00
定休日:日・祝
Img_a0af167e4adb2b590761453e200484b5
弘明寺の居酒屋へ。全く目立たないところにあるので存在すら気がつかないかもしれない。
Img_27f0ba56f72564fd4ca0d2a2d0d28021
Img_1ee2afb7d5c4e70c915e47b61e67b99a
気になるのをいくつか頼む。レバー串は少し臭みを感じた。鳥の唐揚げはなぜかこの日の気分じゃなかった。エイヒレは無難な選択。このお店は何が売りなんだろうかが見えないまま終了。

”粋月”
TEL:045-712-3345
住所:神奈川県横浜市南区大岡2-32-2 1F
営業時間:17:00~23:30
定休日:木曜日
Img_a112f7be7a2dd946293d8d8f8d04746e
この前載せた”やまや”のランチ。毎回魚以外は定番でメニューが変わらない。生姜焼き、唐揚げ、メンチカツ(だったっけ)。全て税込1000円。入り口で注文と同時にキャッシュオン。これがストレスなく食事ができる点として秀逸だ。
Img_ed89a3b8eceec3280226edddb4a4766b
この肉料理も間違いない味。明太子が食べ放題という事をさて置いたとしても肉を食べる前にご飯を一膳平らげてしまうペースだ。痛風待った無し。恐ろしい。

”やまや 京都木屋町店” (Click!) 
TEL:075-251-0808
住所:京都府京都市中京区鍋屋町218-2
営業時間:11:00~14:00 17:00~23:00
定休日:無休