metroseoul

Text Size : A A A
Img_8954de95a8cfe59dc4ff87429e4c06df
ジョブズの映画。こいつは凄く短い僅かの時間を切り取って彼の特徴的な性格や発想、周囲の人の立ち振る舞いなどを表現することでうまく映画にしている。とはいえ総評的には観なくても良かったな。
主演のマイケル・ファスベンダーは好きな俳優です。エイリアンが楽しみ。

”スティーブ・ジョブズ” (Click!) 
Img_6fba57bd544e3bcbf77d65f841c6f615
渋谷”権八”にて忘年会。定期的にお会いしている”FREAKSSTORE”さんチームと。刺激的な会。社風というのはやはりある。それは類は友を呼ぶのか、DNAがインストールされるのかはわからないけど間違いなくひとりひとりに埋め込まれている感がある。そしてこの日隣の部屋で別の友人がIT忘年会をしていたということに翌日FACEBOOKの写真で気づくという奇跡が。ここに載せれない忘年会全て含めると12回忘年会している。約半月、マジで2016年忘年会多すぎる。
Img_0be3aec3f8a533459b918c0a3726a8fe
気になっていたお店に連れて行ってもらいました。オススメを聞いたらこのてんぷら定食にそうめんが付いている”天・そうめん”だということで頂く。てんぷらのサクサクが素晴らしい。そうめんもお店で食べるとまた一味違う(気がする)。河原町で安価に美味しい定食が食べたければここですね。絶対またきます。

”京極食堂 奈於” (Click!) 
TEL:075-221-1995
住所:京都府京都市中京区新京極通四条上ル中ノ町
営業時間:11:30~14:30 17:00~21:30
定休日:水曜・第2、第4火曜
Img_0f603bcc9f3ff60fe36531b95d7a6fa9
映画化されるということで原作を読了。素晴らしすぎて移動中一気に読んでしまった。みずみずしい表現力はあたかもその時代の山林から海を望む山道に降り立ったような錯覚さえ起こし、その鼻からは潮風すら感じる。そんな素晴らしい文章力と人間の闇と光をここまで強烈に表現した作品はあまりない。闇の先に光があるはずだけど、この作品の闇の先には光が見られなかった。いやもしかしたら視座の違いなだけなのかもしれない。おそらく死ぬまで塾考させられるテーマ。必読書。

”沈黙” (Click!) 
Img_378cb58d430e85ad55a6a3666597c15e
京都泊だとほぼルーマプラザですが、最近見つけたメニューにはまっています。
Img_a0a49d0d086768d2094f8b940cb07aad
”手羽先油淋鶏+ビールセット”1,000円。これ良いです。手羽先は死ぬほど熱々で出てくるしビールは瓶か生が選べる。プライスゾーンもサウナ内の食事処にしてはリーズナブルかな。
Img_c5f3964de04de59cee96b33a9d9fe8da
会計学と聞くと構えてしまうけど、このアプローチでくると入りやすい。とはいえ、会計学のかの字も書かれていないのだけど。大枠での会計の風景が見える。という感じの本。切り口はさおだけ屋だけど様々な例で読ませてもらえるので大変お手軽な本。

”さおだけ屋はなぜ潰れないのか?” (Click!) 
Img_49e31cbe97fab1f62e83a794f61fad80
海の香りに欲していて思わず購入。イカスミとか海鮮系のパスタってワインやお酒に合う。
Img_df8ed0879b90c4f595703cc80d619299
Img_cdbc2a14af94fc19a2558efde6afe83a
このインスタントは確かに海の香りっぽかったけど少々味が濃いめだった。俺の分量に問題があったかもしれないけどイマイチだった気がする。アンチョビ缶詰とかイカの塩辛とかの方がわかりやすくていいのかもしれないな。

”海香るイカスミ@オーマイ” (Click!) 
Img_98571ecaab82b07a8fc72bc3b3f0ad93
”adidas×mastermindjapan”のジャージ。伊勢丹限定。
Img_abb9653fb94565cf1e9cbc8ccb331599
Img_06d65d96a9480ef849f763fcc4b5f8f3
片方の裾に三本ラインのリブ使い。サイドラインは同色。最近何かと話題のこのブランドですがどうしてもヤンキー臭くなってしまう。

”MASTERMIND JAPAN” (Click!) 
Img_d2a85a684a6e8cc322afc9740392bfb5
作ったわいいけどどんな味だったか全然覚えていないカルボナーラ。これってどうなのよ。ブログとして成り立たないだろ。でも赤裸々に日常を切り取るのであればこんな日もあってもいいか。めちゃ酔ってたんだと思います。
Img_9f5f8f747089e1d662aa6dd7af708e68
”未来食堂”という哲学であり装置。なんて事を感じました。この綿密に計算されている全ての仕掛けに人は惹かれていく。それは”誰かへのバトン”という哲学に真摯に向き合う姿勢に僕は惹かれる。


百聞は一見に如かず。観て感じるその哲学。そして行ってみたい。ここには良質な過去の遺産と未来しか感じない。