metroseoul

Text Size : A A A
Img_8926278d429e4c1fb8801ae87ded3682
ルーマプラザに宿泊した際見つけてしまいました。”カレイのから揚げ”。これは個人的に思い出の味なので見かけたら頼まざるを得ません。これにポン酢をかけて食べるのが至高。この店のはちょっとサクッと感が足りなかったのが残念でした。
Img_6f5a4a2c8483148e57da1f28cdbeffd4
パソコンが突然ぶっ壊れた。突然というのは事実と反するかもしれないけど(実は地味に負担をかけていた気もするので)とにかくカフェで仕事しながら電話していたらぶっ壊れてそのまま帰らぬ人に。緊急対策本部を設けて(自分なりに)救命活動を尽くした結果ハードディスクの総取替とバックアップの復元ということで福沢諭吉7名ほどが旅立つ羽目に。
Img_7c5fc88be69a161972706d8b2d14448f
Img_e506dbaf21c0f20f5813c25f122772ab
そんなことを経験したら誰でもこう思うだろう「誰か俺にバックアップの重要性を説いておけよ」と。そして間違いなく”G5”はそう思った。なので今なら声を大にして言おう。「バックアップとスイカのチャージはしておけよ」。ってことでこいつをゲット。すごく小さく軽くて薄いのに1TBの容量なんです。こいつがあれば安心さ。でもメモリースティック複数持ちというのもいいなと思っています。

”CANVIO SLIM” (Click!) 
Img_76692f1f27b577b4fd40acecd79d31a9
最近朝飯だけ食べて新幹線の終電まで何も食べないで飛び乗ることが多いのでついついおつまみを買ってしまう。この日はこれ。サクサクのおかきにクリームチーズの味の物が含まれていて何種類かの食感が楽しい。これは良いですね。

”なだ万クリームチーズおかき” (Click!) 
Img_09982ad80686593e1e6db256419408ef
相変わらず京都に毎週います。新幹線での移動は経費的にも莫大な額になっている。移動距離に比例してクリエイティビティは増幅するといいますがその感じを受けたりもするしそうでもない気もする。ただ言えることは明らかに文化圏の違う場所に毎週身を投じることは(方言や歴史的文化の差という意味で)間違いなく無意識的な刺激はあるだろうな。ということを考えながら河原町の地下道をひたすら進む。
Img_07634f91e71b6d1c8b27e8a1fc6aa5c1
自家製バジルソースのストックを使用しての”ミルッコ”のパスタ。やはり美味い。このトマトが乾燥トマトだとなおさら美味かったんだろうなと次なる要求を考えてしまったけど黙っておくことにした。
Img_8e89dd4ba96b5b084e47d683d717c7e9
考え方が似ている。この人ほど研ぎ澄まされてみたいけど今だに物が捨てれていないし、家も売っていない。ということで家を売るために見積もりに出してみた。メールで一発で何十社に査定が出せますというのがあったので気軽にどれくらいかなぁ〜というノリでポチッとしてみたら送信直後に電話のラッシュ。そんな事は求めてない。ばっくりした値段が欲しかっただけなんです、ごめんなさい。でも購入時の思惑通り価格は購入時と等価もしくは若干上がっている気配。まぁ営業マンの売ってもらうための方便かもしれないけど。ということで身軽に、今を贅沢に丁寧に生きる姿勢は非常に刺激になる本です。

”LIFE PACKING 2.1” (Click!) 
”花束を君に @宇多田ヒカル”



朝ドラのテーマソングだったこの曲。とにかく全てが良い。メロディと歌詞。特に2番の歌詞が好き。そして歌唱力。何とも言えない艶やかさとざらつき感のある”あの声”がグッと来る。娘の結婚式に流していただこうと今から(なぜか)決意した。
Img_a3941449c9a7c754dcd3c00c6a7a178b
何かの集まりでうちから持っていく一品料理として”プルコギ”を作りました。
Img_c52ef0a7f06b3dc157e82ab82d2f629c
作り方はシンプル。人参と玉ねぎをごま油とニンニクで炒めて火がとったら醤油・砂糖・酒・ごま油・みりんで漬けておいた肉を投入して火が通るまで焼くだけ。最後に白ごまを振りかけて終了。コチュジャンと一緒に食べると甘辛くて美味しい。
Img_8af6345c5e8811b56d63fb3c59e4972f
77の社会人1年生へ向けた教訓が記載されているビジネス本。ひとつひとつ読み進めると納得の内容。でも真新しさはない。それはそうか、どの世もセオリーは同じだからだ。人の数だけそのセオリーを覗く視角が違うだけ。でも40代だから響くことばもある。「どこでも主人である事」「人生という脚本を書く」「人生とは変化の歴史」だったかな(再確認しない)。

”伸びる20代の生き方” (Click!) 
”2016 MacBook Pro with Touch Bar Review”



最新型のMacBook Proのレビュー。「いやいやいやいやこのタッチバーいる?」。結構すごい便利そうだなと一瞬(0.5秒くらい)思った刹那、頭の中で出てきた言葉。