metroseoul

Text Size : A A A
Img_38e786487f1488d913b48824c0621b45
”little-diva”が京都にいるということで

飲み会に誘われてみる


Img_c07ec15603b722b3a0e46abedc7c27f9
揃う前の乾杯
Img_93d2303d61bf1578b58eccc515f6e4a0
お好み焼きは間違いない
Img_1be904218efa08f3195e16ff6203c9ae
これなんだっけ?
Img_944f55a3d049bb60217a2f04e3b3f36d
”エビがギューギュー”という名のイカした一皿
Img_fd4288be5201c31096b05ee9acf8184c
話題は終始”little-diva”の未来像でした、案の定どんな着地点だったか思い出せない。そもそも着地したのかな?
Img_12733c959b0f395892ccf156b057a35f
”yaplog”から”metroseoul”をこちらに引越しさせました。10年以上使用していたためとんでもない愛着があったのですが、改造していたフリースキンがパーになったこととそのことへの対応で一気に冷めました。逆に惰性に縛られていた自分に気づくことができて良かったっす!これからはここで更新していきます!
Img_daead8a745b66a7a05f30d2bb4bc6f68
南船橋で仕事の朝、1時間以上早く着いたので軽く朝食を。立ち食い蕎麦屋(ここは椅子があったけど)で頼んだのは”かき揚げたまごうどん”。立ち食い蕎麦屋で頼むのはだいたいこれか”たぬきうどん”。蕎麦が基本的に苦手なのと、かき揚げに沁みた出汁がたまらなく好き。ここの店のうどんはよく覚えてないけど、この写真の表情はすごくいい。だから美味しかった気がしてきた。人は見た目で判断するもんだ。
Img_80842216194b9400685b2673577a3535
Img_a85f942d495c4cc6e8619e4bde68e9fa
新大阪から新幹線で週に何回も横浜へ向かう機会がある。大概終電間際なのでお腹が空いているが駅弁ではまともな商品に出会ったことがない、この”KYK”を除いては。中でもロースカツ弁当が至高。異論は認める。昔大阪出張の際はほぼこいつに決めていたことを思い出して買ってみたらやっぱりクオリティが高くて感動した。カツの豚の甘みと炊きたてご飯のふっくら感は駅弁を超えている。以前あまりにも好きすぎて店舗に食べに行ったら駅弁では好印象だったのが店だと普通だということに気がついて(カツとかは美味かったのかもだけど期待値があがりすぎた)残念な感じだったのを覚えている。ただこれだけは間違いない、新大阪で駅弁買うなら”KYK”一択。異論は認める。
Img_20f1fd478fa4a29f7e8ef562465af17a
仕事で船橋へ。常日頃予定時刻より1時間は早めに着くことを意識している。意識というかそうしないと落ち着かない。電車の遅れで1時間前に到着予定が45分前に到着となると少し機嫌が悪くなる。ということは時間に余裕を持っていくことが目的ではなくて、1時間前に到着していることはデフォになっているということ。40歳を過ぎてから自分の新たな面が見えてくるのは本当に楽しい。
Img_2f27a74f98edbb3634cee2b220cebbe3
”MUJI HUT”という無印良品が開発した”小屋”。3タイプありますがそれぞれ本当に考えられている。今ある家の敷地に設置する第3の場所というコンセプトかな。目の付け所がいいのと、無印の機能と無駄のないデザインは説得力と安心感に裏打ちされてるなぁ。これからは地方住みだと思う。実家の敷地に想いを馳せます。
Img_2b11fdf5d5f5eacb1e6d0f18f8bf4ad5
Img_c157824eda424d53323ed63ce7531972
船橋での研修後の打ち上げ。場所は駅前の”栄華光”という中華屋さん、後で調べたら豚まんがめちゃ美味いらしい‥‥今度は食べてみよう。この手の中華料理屋は大好物、ちなみにトイレは隣接するパチンコ屋さんのを使用するように言われる(笑)。メンツは”imd”さん・”はっちゃん”・”まさこ”・”さおり”・”G5”。部門が違うだけでこんなにリズム、スピード、タイミングが違うのかと実感。その実感はいい刺激を受けた証拠だし逆になんらかの刺激を与えていることにもつながる。楽しいな。
Img_0be07b8efdb4e95d8a1fd896818369fe
”GO!DON”という名のお店。愛すべき後輩”OPE”の城。何年も同僚として働いてきて、チームAでは無茶したりもしましたがとにかく沢山刺激を受けた存在。
Img_01e34788d49f5e43c0f710ccb8957194
Img_b391d2b1f209e0d9e4e9ae40c9f8af6b
そんな彼もみんなに続き古巣”UP”を退社することになって、造ったこの店。前職卒業後は一緒に働きたいなと考えていたけど彼らしい判断だったのと同時にお店に行って驚いたのは”OPE”の世界観ってこんな感じだったんだという意外な発見と刺激。「わかるわ」ってのもあれば「意外だな」と感じる面もあって楽しかった。阪急伊丹へ行ったら必ず寄りましょう。エビスさんが迎えてくれます。
Img_6e0f2bc6882529238cc3fa6828802616
ある日、仕事が終わりこの”KYK”がたのしみで楽しみで仕方がない面持ちで御堂筋線に乗って新大阪駅に向かった。頭の中はしっとりとしてしまっているがサクサク感が少し残る衣に包まれた独特の甘みを持つ豚カツを纏う酸味の効いたソース、そして和辛子の豚の甘さを揺るがす強烈なアクセントが織り成すハーモニー状態。もうハーモニー状態ですわ、ええそりゃもう。
Img_8c0e9c6a6d4400518e556166384c9bd1
Img_43ab775d5e8de73be34346b00ad0add6
なのに駅に着いたらロース売り切れ。井の頭五郎風に言うと「ガーンだ」だ。仕方ないのでヒレカツを選択、新しい境地かと思いきや、上品な人もしくは勘違いしたデブの食物でした、さっぱりしすぎ。決して不味くはないんですけどね。「ガーンだ」井の頭五郎風に言うとね。
Img_4d16d06b0113cf0eea37e41058756f41
”OPE”と久々のサシ飲み。彼の店を見てからの飲みは楽しみで仕方がなかった、連れて行ってもらった店も彼らしい地元系。スナックの居抜きを焼肉屋に改装された感じの異空間。
Img_d9f72057c916452a261732008bed4702
Img_15f720f73dcde488fb9482bd4fce6a61
Img_46d28a4bfc52f9d54f15f80f5b7336e1
コース的なおまかせで頼んで、後は徒然なるまま。常連さんのいい感じの会話のリズムと僕らの思い出話、そして未来のこと。
Img_aafbeb2634597245e9519d223b0e98b0
Img_46fd34baac2dd8727fb79bd744ff8b17
何というかいいペース。饒舌に話をしたとかそういうのではなくてどちらかというと何話そうかな?的な感じの間合いなんだけど居心地が悪くない。芸人さんのコンビが改めて向かい合う感じか?‥‥いや芸人じゃねーしわかんねーわ。とにかく良い意味で気まずい感じ(笑)。ゆったりとした時間を過ごしてホテルまで送ってもらう。ちなみに京都、大阪のホテルはどこもソールドアウトでこの日かろうじてゲットしたホテルはキングオブラブホみたいな部屋でした。アホみたいに広かったわ。