metroseoul

Text Size : A A A
Img_af2c42c3901434755133c4fd2af156f5
かなり楽しみにしていた映画。アップルTVでダウンロードして観たのですがやはりキッズと観ると集中力が散漫になりますね。あまり覚えてないからもう一度観ないと。

"ROGUE ONE” (Click!) 
Img_06ca4a5e37164cc6735b3835562a394c
札幌で酔った勢いで買った夜食。なんの考えもなしに作って食べたらびっくりするくらい辛かった。こんなに辛くする必要ある?ってくらい辛い。それしか覚えていない。

”東洋水産株式会社” (Click!) 
Img_ae5854f879a2e1d7a1f1d741504c1980
NYU(ニューヨーク大学)のカレッジロゴT。大学ものはあまり買わないのですが都会的なグレーとビッグサイズ。
Img_15fdbf623a8c3b38aae405542fbf0cd4
Img_ce47547964b0b0afa44a70003d8fc9ad
そして何よりも校訓”Perstare et praestare”"To persevere and to excel"(忍耐性と卓越性)に惹かれ購入。
Img_57f4487e31c71641f56fb21bb6e6c4be
清水寺へ続く坂にあるレストランのホルモン焼きうどん。味は想像通りでこんなもんかという印象。ただこの店は眺めが最高に良かった。

”清坂亭” (Click!) 
TEL:075-541-9575
住所:京都府京都市東山区清水1-287-1
営業時間:9:30~17:30
定休日:無休
Img_e16a734078862446d577aa27caadc41e
地元弘明寺にありながらも微妙に遠いので行くことのなかった”ロ麺ズ”へ。駐車場が1時間無料で、ここでご飯を食べるとさらに延長できるので車でも良かったけど敢えて歩いて行ってみました。20分弱くらいかな。何を食べようか迷いましたが定番の正油。ボリュームの誘惑に負けて味玉を追加。
Img_b380958a30bc042ef560fbc26549fc59
Img_988c9d97ee305a3ce69249279c6d7ff0
食券を買って店員さんに渡す。水はセルフ。鉄観音茶とジャスミン茶が選べる。店内は広い。カウンター席だけじゃなく4人掛けテーブル席もあるから家族もゆっくり食べれそう。卓上には黒胡椒・酢・白胡麻。酢には昆布と大蒜、唐辛子も入っていたかな。麺のトッピングは白菜みたいなチコリー・ラディッシュスプラウト・ズッキーニ・ネギ・チャーシュー・メンマ。見た目が楽しい。プースーは蕎麦つゆのような日本を感じる味わい。甘みも感じる。麺は自家製の中太ストレート麺。安心感のある味でした。

”ロ麺ズ” (Click!) 
TEL:045-315-2009
住所:神奈川県横浜市南区六ッ川1-689-1 マルエツサニーロード
営業時間:11:00~21:00
定休日:水曜
Img_7dfbfa3b7f263bd4535859d3dd1572e4
久々に見返したくなる映画。日常と狂気が混在する独特の空気感。シガーを演じたハビエル・バルデムがとにかくヤバい。
Img_e8c8f3a868f67b2ee732db9cdff94cf7
舞鶴に帰り一泊。翌朝家から神崎海水浴場までランしてきました。往復12kmくらいかな。行きはいいんだけど帰りは向かい風がひどくて何度も歩いてしまった。
Img_33c9565422945e54a89c45e08054399a
Img_00bfd49c8bb686846bed42f758171e66
海に着いたらかなりの満ち潮。嬉しくて”ミルッコ”に電話するも全然でない。帰りの新幹線で楽しそうな外人だなと思ってたら”ウォズ” (Click!) だった。
Img_ee1a97426283b9771dc46284be1fb7ee
レモン風味の爽やかなカレー。これ意外と美味しい。レトルトのあの感じじゃなくてちゃんとしている味。しかも子供も食べれる味。すごく良いです。

”にしきや” (Click!) 
Img_63552c44b63dbed1aab95de2d2fec319
友人といっても一度しか飲んだことがないので一方的に友人かもしれない”堀田”君がやってる”isaribi”が出張から帰ると届いていた。マグロ特集。イサリビってなんだ?というとサステイナブルシーフードを伝えるメディアだそうです。

今回の号のコンセプトは
魚食文化が根付いている日本。
しかし今、多くの魚種が枯渇に瀕していると言われています。
例えば、
太平洋クロマグロは激減。
大西洋クロマグロは増加。
何故減る地域と増える地域があるのか?
読者のみなさんと共に解決策を探っていけたらと考えております。

という内容。死ぬほどワクワクしますね。

”isaribi” (Click!) 
Img_9bd6093cee71dcb5452dc29315f40c41
Img_36368d1fcb1d9476aaf7d97a939e642f
フランスの国家資格である”ワイン醸造士”を取得した日本人の醸造家が、自ら世界各地の銘醸地に赴き、自分が飲みたい味わいを追求して造ったワイン(だそうです)。激安のカベルネ。飲んでみたら軽い。そして安いワインにある独特なあの感じ(カラオケで飲むワイン的な)がやはりある。感想はパッケージに左右されているという気もする。

”マンズワイン” (Click!)