metroseoul

Text Size : A A A
Img_16b875e5cf8e0199167f88d5a060839b
「人は人生の意味は何であるかを問うべきではない。むしろ自分が人生に問われていると理解すべきである」ヴィクトールフランクル
Img_a87babe2b3f8dea8dffdbb3fc9c943b1
Img_9b82eb24ac73dae961398a625b77095e
Img_9ef2127f9399d0fadbfbd59b62ca0c40
お陰様で45歳を迎えることができました。
家族からはG7(G5をより進化させてくれということか?)のワインと恒例のラザニアでお祝いをしていただきました。

毎年誕生日に考えるのは「何のために生まれてきたのか?」です。学生時代、誕生日とは「誰かのお役に立つ」日ではないかと決めて密かにお役に立つ行動をとりはじめ結果的に両親への感謝の日なんだと気がつきました。

時は立ち仕事柄「仕事とは何か」をお話したり考える機会が多いなかで僕にとって仕事とは「お客さんと仲間のお役に立つこと」だと考えるようになりました。

もしかして生きるとは「誰かのお役に立つこと」なのかもしれません。

目の前の人に一生懸命に自分ができる事をしていけばいつかは人生からの問いに答えれるかもしれません。毎日誰かの誕生日を祝う気持ちで接することができますように。今年もありがとうございました。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする