metroseoul

Text Size : A A A
Img_63a1c10d07a74873643fb1de3afd64e1
サーモスからこんなのが出ていたんですね。ずばり、ご飯が炊けてしまう弁当箱。0.7合分のご飯をレンジだけで炊けてしまう優れもの。
Img_31370af8645245268032e15261b5ee45
Img_1ecf1094829c0f3a24a0cb5b816de521
朝、ご飯を研いでセットしてレンジでちん。あとは余熱で30分ほどで完成。サーモスなので保温力が優れていて朝セットして持って行ったら昼食時には炊きたてご飯が良い塩梅になっているという筋書き。素晴らしいですね。お弁当は作らないし持っていかないけどガジェットとして持っていたかったのでゲットしました。これを使った別の商売を思いついたので深掘りしてみようかな。しかし何でこんなに激安になってんだろう。ケースも付いてこの値段なら別の商売になりますね。

”ご飯が炊ける弁当箱 THERMOS” (Click!) 
Img_6f4515efa8377f023adfe299ba941fad
朝飯に出てくる目玉焼き。この形が毎日同じ形になることはありません。それと同様で同じ日は2度と訪れることはない。ってことを思い出させてくれるのがこの卵焼きです。
Img_077f2de8bd6a60f79783618ceef60b99
”Restaurant RIVE GAUCHE”を後にして「もう一軒行きたい店がある」と”あっちゃん”リコメンドの立ち飲み屋、いや間違いない店。この選球眼見習いたいですね。歩いて北浜にある”大衆酒場ひらやま”さんへ移動。
Img_ed129e4bae845128b3aa81f721d0dd1c
Img_c256b0531424d940a28c267da4e39763
Img_0127e18d8fc5579b98ff9278c4ba3134
すでにベロンベロンなのであんまり覚えてないけど”どじょうの蒲焼き”と”焼きそば”を食べたような気がする。いや、『気がする』じゃなくて焼きそばは写真があるから食べたな。ってくらい覚えてない。ただひとしきり人がはけたあたりで常連さんの自転車屋店主と何かの社長とこの店の店主の方の掛け合いが面白かった。常連さんが普段は他のお客さんの遠慮して我が物顔しない感じと、空気を読んでその感じを出してくる阿吽の呼吸がお互いプロの商売人を見た気がしました。良いお店はお客さんも良いんですね。素晴らしい。その後なぜか二人とも俺の宿泊する大東洋(梅田)まで送ると言い出して歩き出す。全然意味わからんわ笑。しかも途中で俺裸足だし。”みきてぃ(誰も呼ばない)”も裸足だったし笑
また行きましょう。

”大衆酒場ひらやま” (Click!) 
Img_a31b263246ad873e88415ecec7176b8c
鍋を通り越しておじや。コムタンスープの素をアレンジして鶏肉やら何やらを入れて完成。これがことの外美味しい。ついつい食べすぎてしまいます。寒くなってくるとこの辺の鍋物が本当に嬉しいですね。
Img_0f50666a72c5a0a0de8cd7e02e080a93
新しく事業展開し始めたカフェのフードの専門家である”あっちゃん”とブートキャンプ二期生にして何とも言えない姉御キャラクターが秀逸な”みきてぃ(誰も呼ばない)”とのご飯会。なかなかレアなメンツ。場所は大阪の淀屋橋にあるベトナム料理屋さん。”あっちゃん”のレストランリストに載っていたものを”みきてぃ(誰も呼ばない)”が選んだそうです。
Img_6e68af68f813c3493603f39031b6a4db
Img_3c03a49d7690b924cea03f6e328742d6
Img_2b8a94ebe6462df6bbfb560bbc00e5cb
予約時間に着いたらファサードがこの感じ。淀屋橋は歴史的建造物がそのまま残り使われているが多く、建築ツアーもあるほどの街全体が建築美術館のような街。その手の建造物の地下、昭和初期に建てられた”芝川ビル”にあるお店でビルが登録有形物文化財に指定。前身は芝蘭社家政学園。店内中央に調理実習用の流し台やタイル張りの床や壁、赤い絨毯のコーナーなどカジュアルだけど品がある丁度良い雰囲気。最初は大学教授系の4人組しか店にいませんでした。しばらくすると全員集合し飲み食いトークでしたが食事が美味しい。特に空芯菜のニンニク醤油炒め(たぶん)が美味しすぎて参りました。いったい何に話したかは全然覚えてません。

”Restaurant RIVE GAUCHE” (Click!) 
Img_27fc677598c2eb5850ada07830facab9
”ミルッコ”のパスタが大好きですが珍しくナポリタン。毎夜泥酔して作るナポリタンにはないお上品な味がとてもいい。具がそれぞれ生きていて安心感たっぷりの一皿でした。
Img_9f7104f371152e6a1b9a4ad721a597a5
近畿大学さんとのゼミの後半戦。コアメンバーを絞ってより深くより実践的なカリキュラムへと進みます。初回は動機をつけるところから始めました。後期は24時間自由に使える部屋もいただけたのでしっかりと取り組めると思います。使い方次第だけどね。
Img_0cdee40018ce55d92f53c08eb902cc44
Img_884f38c7167296ac3884b82591aee5fa
Img_9450da9e3381a7738dff3014271cab46
月一度に3時間。この薄い時間で何を教えることができる?と考えた時に宿題しか思い浮かばなかったので次回までに3冊の本とレポートの提出を義務付けました。読んだ知識をどう使うか?をこの授業の中で実践し評価され評価する側に回ると言う集中力がぶっ飛ぶぐらいの3時間にしよう。ということでフレッシャーズキャンプの大幅見直しもかけています。カリキュラムというより参加者に求められるものにかなりのストレッチをかけました。楽しみです。

”文能ゼミ” (Click!) 
Img_94e1e83e679529ba24d789a69b0096b0
家の餃子が美味しすぎて出店したいくらいです。実は焼売の方が自信があるけど笑。それくらい美味しい餃子ですが翌日の餃子の方が美味しい。味が落ち着くというか馴染むというかそれぞれの調味料が一体となって別のものになってる。これがチームが一つになることで創発されるということなのか。
Img_1edf288b00bdaf448cddae7cb2f55d2b
定番の書籍。これ読んだら実際に実行していることばかりでした。つまり「仕事ができる人」と言ってるわけではなく、パソコンなどの本質的な特性を理解することって大事だってことだと思う。この本には載っていたのはフォルダは3つまでという部分でした。何事も物事に取り組む時の捉え方は、大分類というか「ひと言で言うと何がメリットなのか」を理解し使用すること。パソコンは何が優れているかと言うと音楽が作れたりメールが送れたり書類作成ができることではない。”検索機能”が優れていると言う事実を知らないといけない。パソコンにポンと放り込んでおくだけで瞬時に探し出すことができる。これには少し工夫が必要ですが。ちなみにこのパソコンの機能を逆転の発想でフル活用しているのがアマゾンの倉庫。本当に驚き。この本はノウハウ本と言うより考え方の基礎の本だと捉えてフレッシャーズキャンプの課題本に加えました。

”なぜか、「仕事がうまく行く人」の習慣” (Click!) 
Img_dc77748512954129dec52e41171b9509
再び通い始めてます。前回300gで物足りなかったので再び450gに戻しました。ワイルドステーキを注文する時河原町店では「肉はカウンターに行って席番号とともに伝えてください」と言われ、関内では2階に上がる前に肉の注文をとられ、心斎橋店で肉の注文をしようとカウンターに行こうとしたら「ワイルドステーキですよね?カウンターでの注文は必要ないです」と言われ一体何が本当に正しいのかがわからないのでゴールド会員ですが毎回注文の仕方を聞くことにしました。というか1日1食パターンの時はいけるって感じですね。朝早くからやって朝食から食べれると嬉しいですが働く人大変だからいいか。この日はわさびとからしのコンビネーションが美味しかった。

”いきなりステーキ” (Click!)